img-1

債務整理の依頼をするときは費用の確認が大切です

最近は貸金業者のキャッシングやカードローンなどのサービスを利用している人が多く、返済が不能になることで借金問題を背負っている人も増加しています。



借金の金額が膨らんでしまったことによって解決できないときには、法律事務所に相談することで弁護士に債務整理の依頼をすることができます。



弁護士に法律相談をすることは敷居が高いイメージを持っている人も多いと考えられますが、その一番の原因としては弁護士費用がどの程度の金額が必要なのかわかりにくいという点が挙げられるでしょう。



多額の借金を抱えているときの解決法としては債務整理をすることが最適な手段と言えますが、債務整理を行うには借り入れをしている金融業者との交渉や借金額の確定のための調査、払いすぎている利息があるときには返還のための交渉、自己破産などの手続きをするときには裁判所に提出する書類など様々な作業を行う必要があります。
法律事務所に手続きの依頼をするときには、借り入れをしている金融業者の件数などによって必要になる費用の金額が異なりますが、初めて相談をするときには無料相談のサービスを利用することをおすすめします。



事前に債務整理にかかる費用の見積もりを取ってもらって、追加の費用がかからない法律事務所を選択すると良いです。



任意整理の手続きを依頼するときには、金融業者1件あたり約2万円ほどの着手金が必要になって、借金額の減額交渉などを行ってもらう必要があり、その度に成功報酬を支払うことになります。



関連リンク

img-2

それぞれの債務整理にかかる費用について

返済できないほどの借金の問題を抱えてしまったときには、弁護士などの専門家に依頼したい人も多いでしょう。弁護士に法律相談をするときに最も気になる事項としては、費用の面だと言えます。...

more
img-3

債務整理には費用がかかりますが

債務整理にはそれなりの費用がかかるのですが、それでもメリットがあることは確かであり、そうすれば、債務の減額や自己破産であれば、免責をしてもらえます。もちろん、自己破産は本当に最後の手段ですから、その前に交渉するべきです。...

more